IMG_5108

春の芽摘みの方法

春になり暖かくなると盆栽も活発に活動し始めます。

「春眠暁を覚えず」なんて具合にぬくぬくしていると、「いつのまにか芽が出てきている!!」なんてことも。

そして、もし紅葉の盆栽を持っているなら、芽が膨らんできた時にしておきたい手入れがあります。

 芽摘みやっていますか

IMG_5266

このように春先になると紅葉の新芽がぷくっと膨らみます。
※撮影したのは3月下旬

もう少し待ってもよいのですが、芽摘みは遅れてしまうと意味が無いので、このくらいで摘んでしまいましょう。

 なぜ芽摘みをするのか

もし芽摘みをしなかったら節と節の間隔が長い、間延びした枝になってしまいます。

IMG_5502

ここまで長くなってしまうと、枝として使うのは難しいです。

節間が短い方が樹を小さく作っていけるので、特に小品盆栽の場合は間延びした枝を作らないというのがポイントになってきます。

それでは、芽摘みの方法を説明します。

 芽摘みの方法

まずは葉かま?(正しい呼び名をご存知の方はこっそり教えて下さい笑)を取りましょう。

IMG_5268

固いのが二枚。

IMG_5269

柔らかいのが二枚。

IMG_5283

そして中を開くと二番芽がスタンバイしているので、それをピンセットで取り除きます。

IMG_5285

芽摘み完了。

ちなみに使っているピンセットはこんな感じです。

IMG_5505

毛抜きみたいなものでも代用できそう。

 まとめ

芽摘みの作業は以上です。難しくはないのですが、油断していると芽を全部飛ばしてしまったりするので、案外集中力が必要です。

芽摘みはやるタイミングが重要で、遅れてしまうとさっきお話したように節間が伸びてしまいます。芽摘みをしたから必ず節間が伸びないという訳でもないのですが、覚えておきたい手入れ方法のひとつです。

この記事を書いたライター

峯脩人
峯脩人
京都の盆栽園で2014年8月より修業中。
目標は海外進出です(あくまで目標)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>