bonsai3

初心者にオススメ!盆栽の始め方(木選び編)

盆栽を始めようと思っても、どの木を買えばいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

 「初心者にも育てやすい木はどれですか。」

「初心者にオススメの木とかありますか。」

実際、この質問は初心者の方に一番よくされる質問の一つです。そして、僕が一番回答に困る質問の一つでもあります(笑)。

 “自分が気に入った木を選んで下さい”

どうしてこの質問に簡単に答えることができないかというと。

まず、育てるのが簡単な木というのも難しい木というのもないということです。その人がどこを目指すかによって木の育て方の難易度が変わってくるということです。

例えば、どんな木でも一から自分で形を作って木を育てていくとなるとそれなりの知識が必要になりますし、今ある形を維持していくのならそこまで難しくありません。

つまり、育てやすい木、難しい木というのは木の種類によってそこまで大差はないということです。強いて言うなら、丈夫な木の方が育てやすいかもしれませんが、それもまた寒さに強い木、暑さに強い木、水が比較的少なくてよい木という風に、木によって性質がばらばらなのでどれが丈夫な木なのかはっきり言うのが難しいのです。

また、オススメの木というのも、その人の好みが分かっていれば答えることができるかもしれませんが、初心者の方にいきなり聞かれてもなかなか答えづらいところがあります。ペットショップに行って「オススメのわんちゃんどれですか。」と聞いているのと同じようなものです(笑)。

「自分が気に入った木を選んでください。」

この一言が一番的を得たアドバイスだと思います。

と、少々厳しめに書かせて頂きましたが、これだけで終わってしまったらあまりにも味気ないので、自分なりに考えた初心者の木選びのポイントを書いていきたいと思います。このポイントをメモして、お気に入りの盆栽を選んで見てください。

枝ぶりよりも幹の太さ・立ち上がり

どうしても最初は枝ぶりに目がいってしまいますが、幹に注目してください。

枝は後からでも作っていくことが出来ますが、幹はよっぽどのことをしない限り変えることは出来ません。幹がその木の個性とも言えるかもしれません。幹の太さ、立ち上がりの形で「おっ!」と思うものを見つけてみてください。

bonsai4

例えば、この五葉松の幹の立ち上がりは右に流れていて、個性がよくでていますよね。

 住宅環境

住んでいる家の日当りも木を選ぶときの重要なポイントです。日当りがあまり良くない場合、松を買うのは避けた方が良いです。松は日光がたくさん必要な木なので、日当りが良くないと元気に育たない可能性があるからです。

できれば一万円以上の木

やはり木を選ぶときに値段は重要ですよね。これはあくまで個人的な意見ですが、あんまり値段の安い木(3〜4000円の木)は初心者の方にはあまりオススメ出来ません。なぜかというと、安い木はこれから自分で形を作っていくような木だからです。

bonsai2

例えばこれが数千円で買えるクチナシ。

これから形を作っていく木です。

先ほども書きましたが、自分で形を作っていくというのは初心者の方には難しいと思います。一万以上(できたらもう一声)出すと、比較的形が出来上がっている木が買えるので、その後の手入れは、輪郭を揃えておけばある程度きれいに仕上がると思います。

bonsai1

正確な値段は分かりませんがおそらく1〜2万のクチナシ。

ある程度形は出来ています。

初心者だから安い木をと考える方が多いかもしれませんが、初心者こそ、そこそこ良い木を買うべきだと僕は思います。もちろん数千円の木から初めてもらっても全然問題ありませんし、むしろお手頃な値段で気に入った木が見つかれば嬉しいですよね。

まとめ

結局、どんな形でどんな値段の木を選ぼうが自分がこれだと思った木を買えばいいのです。人から薦められた木でも良いのですが、自分が気に入って買った木なら大切に育てるのではないでしょうか。とにかく、盆栽に興味をもったのなら、自分はどんな木が好きなのか考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

峯脩人
峯脩人
京都の盆栽園で2014年8月より修業中。
目標は海外進出です(あくまで目標)。

One thought on “初心者にオススメ!盆栽の始め方(木選び編)”

  1. こんにちは。昨日送った文面ですが、念のため以下に再送致します。
    「室内でたのしむ盆栽のある空間」
    私たちGREEN DISPLAYは、室内では育てることが難しいとされる植物の室内順化を目指しています。それらを盆栽仕立てにし、根元から見上げるようなしつらえにすることで、その枝ぶりやうねりから空間に凝縮された小宇宙を感じていただけたらと思います。
    GD.labでは、都市生活における植物と人との関わりをより身近なものにしていくために新たな研究、商品開発を行っています。詳しくは公式facebookページをご参照ください。
    https:www.facebook.com/GD-Lab-209448579398072

 株式会社グリーンディスプレイ 大塚淳一 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>